持続可能な開発目標(SDGs) 

SDGsサンダースペリー化粧品

持続可能な開発目標(SDGs)とは

開発アジェンダの節目の年、2015年の9月25日-27日、
ニューヨーク国連本部において、
「国連持続可能な開発サミット」が開催され、

150を超える加盟国首脳の参加のもと、
その成果文書として、
「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」
が採択されました。

アジェンダは、
人間、地球及び繁栄のための行動計画として、
宣言および目標をかかげました。
この目標が、ミレニアム開発目標(MDGs)の後継であり、
17の目標と169のターゲットからなる
「持続可能な開発目標(SDGs)」です。

“2030年までに貧困に終止符を打ち、持続可能な未来を追求しよう”

大胆かつ新しい「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が
2015年9月に国連総会で採択されました。

そこに盛り込まれているのが、
世界を変えるための17の目標「SDGs(エス・ディージーズ)」。

途上国も先進国も含めた世界中の一人ひとりに関わる取り組みで、
2016年1月から実施が始まっています。

(国連広報センターより)

持続可能な開発目標(SDGs)
<17の達成目標>

1 貧困をなくそう
2 飢餓をゼロに
3 すべての人に健康と福祉を
4 質の高い教育をみんなに
5 ジェンダー平等を実現しよう
6 安全な水とトイレを世界中に
7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
8 働きがいも経済成長も
9 産業と技術革新の基盤をつくろう
10 人や国の不平等をなくそう
11 住み続けられるまちづくりを
12 つくる責任つかう責任
13 気候変動に具体的な対策を
14 海の豊かさを守ろう
15 陸の豊かさも守ろう
16 平和と公平をすべての人に
17 パートナーシップで目標を達成しよう

このうち日本は
「質の高い教育」では高い評価を得ましたが、
「ジェンダー平等」「気候変動対策」「パートナーシップ」
などで大変低い評価となりました。
(2018年度版)